うつログ

うつによる休職を経て復職した男の覚書。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

はじめに
はじめに

このブログは、うつを経験した私、「おおてん」の記録です。

記録というと大げさな感じがするのですが、極力、気軽に読めるようにするつもりですので、どうか肩の力を抜いてお楽しみください^^


現在、私は1ヵ月の休職を経て、復職し、周囲の協力もあり、どーにかこーにか仕事をこなしております。

うつになって感じたのは
*「うつ」という言葉は、一般的になってはいるのだが、「うつ」に対する理解は一般的ではない。
ということでした。

実際、私も「うつ」になって初めて「うつ」というものが少しは理解できたように思います。このまま「うつ」にならなかったら、一生理解する事がなかったかもしれないです。

障害とか福祉とか制度とかいうものは、自分がその立場にならないと、真剣には理解しようとしないと思います。

ただ、「うつ」という病は、周囲の人間の支えと理解があれば、治りも早く完全であると感じます。
無理解は、「うつ」に対してマイナス要因であるばかりか、「うつ」の人間を傷つけかねません。


このブログが、少しでも「うつ」の理解にも役立つのなら、さいわいです。

コメント欄・TB欄は開放してありますが、あまりにもブログとかけ離れた内容は削除させていただきます。また、コメントいただいてもお返事できない事があるかもしれませんがお許しください。


妻(いちる)もブログを始めました。併せてお読みいただけると嬉しいです^^

いちるのブログはこちら


*「鬱」という漢字があまり好きではないので、このブログでは「うつ」と表記します。
* カテゴリー順は、時系列と同一にしてありますので、カテゴリー順にお読みいただけると分かりやすいかと^^。
* おおてんは医学的知識はありません。医学的なことは医師にご相談ください。
* おおてんは自分自身の「うつ」をありのままに描写しました。このブログをご覧になって調子を崩されることもあるかもしれませんのでご注意ください。





スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2020/06/22(月) |
  2. 1 はじめに
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:42




| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。