うつログ

うつによる休職を経て復職した男の覚書。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

精神科デビュー1
精神科デビュー1

精神科に行くことを決意してから、何処の精神科にかかるか考えました。
近場では、総合病院に精神科があることをつきとめ、しかも土曜日も診察している事が分かったのでそこに決めました。
HPをみても特に「初診は予約を要する」との記載がなかったので、何もせずに保険証と財布だけを持って病院に行きました。

総合受付で「精神科にかかりたい」旨を伝えると
「かなりお待ちいただきますけど・・・。」とのことでした。
いまさら予約して出直すのも面倒だったので待たせてもらうことにしました。

精神科の受付に行くと、「初診なので身長・体重と熱を計ってください」と言われました。
精神科の診察に必要なデータなのかな? とか思いつつも、言われるままにはかり終えると、
「この用紙に記入して下さい」とA3裏表三枚くらいのものを渡されました。
記入する内容は、
・生まれた場所
・家族の状態
・どのように育ってきたのか
というような内容だった様に思います。
全て記入するのはかなり大変でした^^

この用紙を書き終わると、あとはひたすら待ちました。
どーやら、予約の人を全部消化してから、おおてんの順番になるようでした。

おおてんはDSを持っていっていたので、待ち時間に退屈はしませんでしたけど、気がついたら2時間ほどが経過していました。

いいかげんゲームにも飽きて、DSの電源をOFFにすると

「おおてんさん、五番の部屋にお入りください。」
男性の声のアナウンスがありました。

「いよいよか」
おおてんは、DSをたたんで上着の内ポケットに突っ込むと診察室に向かいました。
スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2008/07/02(水) |
  2. 10 精神科デビュー1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2




| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。