うつログ

うつによる休職を経て復職した男の覚書。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

日曜日
日曜日

精神科デビューは土曜日だったので、翌朝は日曜日でした。
この日は1日親子4人でのんびり過ごしました。

なんだか、明日からもこんなのんびりした生活が出来るかもしれないと思うと、
「1ヵ月休職」って言うのも悪くないなと思いました。

夕食後、初めてパキシルを飲みました。
私の手帳のその日の記述です。
「19:30 初パキ、後頭部の重みが取れた気がする。ただ、側頭部に違和感。」

こんなに早く薬が効くわけないんでしょうけど^^ プラシーボ効果でしょうか。

私は、明日会社とどのように交渉するか頭を悩ませながら眠りにつきました。

夜中、ふと目が覚めました。

隣の部屋で妻がパソコンをしていました。
このとき、おおてんはそのまま眠りましたが、
翌朝聞いてみると「パキシル」の事が不安で調べていたとのことでした。

妻はとにかく「おおてん」の体のことが心配なようでした。


スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2008/07/14(月) |
  2. 15 日曜日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2




| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。