うつログ

うつによる休職を経て復職した男の覚書。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

先日両親が遊びに来ました。

本編でも触れたのですがうつを患ってから、おおてんと両親の関係はギクシャクしています。
 ・その1
 ・その2


出来れば会いたくないです。

かなり私も気持ちが消化できてきたとは言え、会うのは疲れますし嫌な気持ちになります。

でも、
「孫の顔を見たい」
という思いを拒む事は酷でしょう。


両親の遊びに来る回数はかなり減りました。
孫は可愛い盛りです。
ドンドン大きくなってしまう時期です。

一週間置きに遊びに来たい位だと思います。
でも、
両親も、私の状態の事を考えてか、あまり遊びにきません。

随分久しぶりに遊びにきました。

おおてんの子供達、両親にとっての孫たちは(両親の事を覚えているのかどうかわかりませんが)にこにこしてました。

両親も大喜びでした。

子供達は、屈託なく両親と接してました。

私は、子供達のように屈託なく接するにはもう少し時間が必要なようです。


スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2008/10/27(月) |
  2. 両親との関係について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パキシルと眠気
パキシルとお酒は相性が悪いという事は学習したおおてんです。

でもお酒はやめられません^^



さて、眠気の話です。


本章でも話題にしたように、おおてんにとってパキシル最大の副作用は眠気です。


現在、仕事中は緊張しているためか重症の眠気は生じません。
軽い眠気ならいつも感じています。
仕事も何とかこなせるレベルの眠気です。
(復職当初はとにかく仕事中も眠かったです。大分軽くなりました。)


が、休日は気が抜けるせいか、昼寝してしまいます。
昼寝が必要な年頃の子供と一緒に布団をひいて寝てしまいます。
たっぷり2時間は寝てしまいます。


本当はメタボとかの問題があるので眠らないほうがいいのでしょう。
でも、耐えられません。


妻は「休みだからいいんじゃない?」と言ってくれます。
おおてんはその言葉に甘えています。


休日の眠気は「昼寝」という逃げ道があるのですが、仕事中の眠気は大変辛いです。
多分判断能力も落ちています。
反射速度も鈍っているでしょう。


なので、おおてんは、仕事中、車の運転はしません。
さいわい、あまり運転の必要ない部署なので何とかなっていますし、会社にも理解してもらっています。
パキシルを服用する限りは運転しないつもりです。
自分の能力ダウンが自覚できる以上、飲酒運転と同様に忌避すべき事だと思っています。
自分だけが傷つくならまだしも、他人も傷つける可能性があります。
そこまでの責任は・・・。


これが、外回りの営業だったらどうでしょうか?
多分、嫌でも運転しなきゃならないでしょう。


そういう意味ではおおてんは恵まれていると言えます。
この環境に感謝しています。
車の運転をしない事を会社に認めてもらって感謝してます。

人の命は尊いものです。
それを奪う可能性は極力避けたいのです。




テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2008/10/20(月) |
  2. パキシル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ギーチーホアンカン
少しカテゴリをいじってみました。
今まで1カテゴリ1記事でしたがこれだと果てしなく長くなってしまうので・・・。



さて、内観療法です。


先日5回目の内観療法でした。
父親との関係を0歳から10歳まで思い出す作業をしていました。


おおてんにとって基本的に昔のことを思い出すのはある程度の苦痛を伴います。
脳みそが疲れるのです。
まして、父とはあまり関わらなかったような気がするので、思い出すのは大変な労力です。


その最中。
おおてんの脳みそに一つの言葉がよぎりました。
「ギーチーホアンカン」


全く意味のない言葉のようですが、何故だか異様な迫力をもって脳内スクリーンに言葉が映し出されました。


何の事だかさっぱりわかりませんでした。
父親とも全く関係のない言葉です。


それ以降、父親とのことを思い出そうとしても、脳内CPUの作業量の大部分を「ギーチーホアンカン」にとられてしまい、作業ははかどりませんでした。


結果、主治医から
「少し調子悪いのですか?」といわれてしまったのですが
「ギーチーホアンカンが原因です。」とも言えず。
「えぇ・・。」とか
「あぁ・・」とか
はっきりしない返事をしていました。


とくにそれ以上の指摘もされないまま内観療法は終了しました。



「ギーチーホアンカン」は
頭の片隅に待機状態でした。


帰宅する頃にはすっかり忘れ、妻に聞く事も検索かけることもなかったのです。
すっかり忘れていましたが、

記事をアップしようと思ったら突然よみがえりました。
それと同時に、給食のメニューではないか?
との思いが浮かんできました。

先ほど、「ギーチーホアンカン」をぐぐって見たのですがさっぱりでした。

本当に給食のメニューなんでしょうか?
そもそも実在する物でしょうか?

謎はつきません。





テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2008/10/16(木) |
  2. 内観療法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三浦和義さんの自殺
おおてんはうつを患ってから世の中の出来事にはとんと疎くなりました。
(もともとあまり関心がなかったたいぷかもしれませんが・・・。)


ただ、文字を追うだけならいいのですがあれこれ考えるのは
なんか疲れるんです。
(最近は大分疲れなくなってきました。)
多分自分の中で扱える情報が全盛期に比べて少なくなったんだと思います。


でも、この世の中何も考えずに生活するのは難しいです。
なので、リハビリを兼ねて一日一回はネットを開くようにしてます。


そんななか私の眼に飛び込んできたのが、
「三浦和義元社長自殺」
という文字。


おおてんは固まりました。
理由が分からなかったからです。


三浦和義さんはいわゆる「ロス疑惑」で一躍時の人(悪い意味で)となり、最高裁まで戦い抜いて無罪となった方です。


週刊誌のキャンペーンからはじまり、ロクな物証がないまま逮捕、起訴され、マスコミのフィーバーの中ほとんどの国民が(おおてんもそうでした)犯罪者扱いするなか、戦い抜いた方です。


長く苦しい戦いだったと思います。
それを戦い抜いた精神力は尋常じゃないと思います。
おおてんだったら諦めたでしょう。


自殺という選択肢はチョイスしない方だったはずです。

だけど・・・。

追い詰められていたのでしょうか?


マスコミとも戦った方なので、この件の報道はどこかよそよそしさを感じます。


たしかに三浦さんには疑わしい面があったでしょう。
だけどロクな物証はなかったのです。

「疑わしきは罰せず」
これは裁判の原則でしょう。

アメリカでの裁判も戦い抜いて無罪を勝ち取る。
三浦和義さんにはできたはずです。


だけど・・・。

今はご冥福をお祈りするより他ありません。

合掌・・・。











テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2008/10/13(月) |
  2. 世事への感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

パキシルと酒と
なんだか歌謡曲の題名のようです。(笑)

おおてんは、お酒好きです。
ほぼ毎日飲みます。
休肝日を週一で設けようと努力してます。
(報われない事も多いです。妻に怒られます)

うつになってからも、酒量が変化してません。
休職中は少し減ったかな?
ただ、少し気をつけるようになったかなと思います。

本来、薬とお酒は相性が悪いです。
なので、パキシルを服用中は断酒したほうが良いのでしょう。

でも、チョコレートの記事でも述べたようにストレスとの兼ね合いです。

ストレスとアルコールを秤にかけた場合、アルコールを摂取しないことによるストレスの方が「おおてん」にとって悪影響な気がします。
(決してほめられた行為ではないでしょう)
もちろん、アルコールを摂取した事による効きすぎ、肝臓へのダメージ増加等あるでしょうが、
ほろ酔い加減で家族と過ごす幸せは捨てられません^^

おおてんは、パキシルは就寝前に服用しています。
なので、今のところ効きすぎという弊害は感じられません。

ただ、一度だけ、
早めに就寝しようとして服用した後、友人に誘われてフラフラ飲みに行った事がありました。

そのときは大変でした。
とにかくお酒が効くこと。(笑)
飲み会好きのおおてんなのですが、眠くて眠くて一時間もいられずに退散しました。


飲酒→パキシル
という順番なら良いのですが、

パキシル→飲酒
という順番は「おおてん」にとってかなり危険でした。

飲酒せずに済めば一番なんでしょうけど^^



もちろん、Drには
「飲酒していいですか?」
とは聞いてません。

Drが
「どうぞ飲んでください」
なんて言う訳ないですもんね^^







テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2008/10/09(木) |
  2. パキシル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

チョコレート
最近体重増加の話題が多いおおてんです(笑)

関連記事
 ・太った
 ・メタボ

おおてんはチョコレートが好きです。
職場にチョコレートを2種類持ち込んで疲れたときに
「頭の回転をあげるために」
とか
「ちょっとガソリン追加」
とか言いながらつまんでおります。

たしかに、チョコレートを食べると、疲れが取れたり、思考能力が快復するような気がします。

会社だけならともかく、自宅でもおつまみとして必ず食しております。


結局、1日チロルチョコ大のものを10個近くは食べてる計算になります。

この話を妻にしたら、
「太った原因はそれだよ!!」
と、犯人が判明した名探偵ばりの笑顔で言われてしまいました^^

さて、ここで、
・チョコレートを食べる事による体重増加
・チョコレートを食べない事によるストレス
をはかりにかけてみます。

おおてん的には、食べない事によるストレスの方が身体に悪い気がします。

気分転換だから良いとするかな^^

でもそろそろ、ブログカテゴリーをダイエットに変えないとダメかな^^








テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2008/10/06(月) |
  2. メタボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

検索
検索

このブログをどのような言葉で検索して御訪問いただいたのか、以前より興味を持っておりまして、
アクセス解析を先月初めに取り付けておりました。

で、1ヵ月のデータがまとまったので公開してみたいと思います。



1位 パキシル 12.75%

パキシルというお薬の事、不安に思っている方が多いのですかね? おおてんにとっては相性も良くいい薬だという事が出来ると思います。

これらの記事が参考になればと思います。

 副作用
 副作用2
 パキシル


2位 休職  9.8%

そーいえば、おおてんも休職前に検索かけて調べた事もありました。
うつは早めにしっかり休めば回復する確率が高い病気なのですが、休みにくい会社、環境っていうのもありますよね。
その点、おおてんは恵まれていたと思います。

これらの記事が参考になればと思います。

交渉
病気休暇1
病気休暇2


3位 希死念慮 8.9%

うつの最も厄介な症状だと思います。
現在おおてんは消滅しております。

これらの記事が参考になればと思います。

希死念慮について
精神科デビュー2

「どんな事があっても生き続ける」というのが「うつ」という病気に対しての最大の戦いでしょうね。


以下、「うつ 両親」とか「うつ 診断書」とか
うつと何かを検索される方が多かったです。

おおてんのブログが少しでも皆様のお力になれば幸いです。



テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2008/10/01(水) |
  2. 検索
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0




| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。