うつログ

うつによる休職を経て復職した男の覚書。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

両親の思い1
両親の思い

明けての月曜日。
「おおてん」は朝一番で会社に相談して、「うつ」と向き合う態勢を一刻も早く整えるつもりでした。
なので、「会社に行くのが嫌」という気持ちは全くありませんでした。
久しぶりに弾んだ気持ちでいると
7:15分ぐらいでしょうか?
「おおてん」の携帯が鳴りました。
相手は父親でした。
そのときの会話です。

父親  「おおてんか? 父です」

おおてん「はい。」

父親  「朝早くすまないな。今日診断書会社に出すの?」

おおてん「そのつもり」

父親  「1日待たない?」

おおてん「なんで?」

父親  「日曜日、一日母さんと散々話し合ったんだよ。」

おおてん「?」

父親  「『うつ』って病気の診断書、会社に出したら一生響くよ」

おおてん「そうだろうね。」

父親  「出世だって出来ないし、それに世間はあなたが思っているほど『うつ』ってものに理解がないと思うよ」

おおてん「わかっているよ」

父親  「それなのに、なんで鬼の首とったように診断書を会社に出すなんて言うんだよ。」

おおてん「病気を治すのが先決でしょ。」

父親  「お前はそれでいいかもしれないけれど、子供達二人も一生色眼鏡で見られるんだよ。」

おおてん「しょうがないじゃん。」

父親  「それは父親としてあまりにも無責任じゃないか。!!」

おおてん「今は病気と向き合うことの方が大事だよ! これ以上なにか言うのなら電話切るよ!!」

父親  「ちょっと待って!! 母さんと代わるから」

母親  「もしもし」

おおてん「はい」

母親  「あなたが赤ん坊が居て疲れていると思うから、子供達をこちらで預かって楽にしてあげようと思うの。そこまでお父さんと話をしたのよ。」

おおてん「・・・。」

母親  「どう?」

おおてん「気遣ってくれてありがとう。気持ちだけは受け取っておくよ。」

母親  「そう・・。じゃ診断書は・・・?」

おおてん「出すよ。」

母親  「・・・。」

おおてん「じゃぁ。」

このあと、母親の深いため息が聞こえました。
子供が「うつ」とわかった時の一般的な親の対応ってこんなものでしょうか?

おおてんはこの電話にものすごく疲れました。


テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2008/07/18(金) |
  2. 16 両親の思い1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント
ブログにお越しいただいてありがとうございます。
あなたのブログを読ませていただいて、とても共感を覚えます。
私の場合は、妹が若い頃うつになったので、両親のうつに対する偏見はありませんでした。
私は更年期障害によるうつ状態となって、パキシルを飲み始めました。7年経ちますが今でも飲んでます。
精神状態はとても安定して、具合の悪いことは今はなにもありません。
それでもパキシルは離脱症状がキツイのがわかっているので、無理して減薬しようとは思いません。
あなたは復職されて、薬のことは書いていませんがパキシルが効いたのだと思いますが・・・。
これからも、時々お邪魔させていただきますのでよろしくお願いします。
  1. 2008/07/18(金) 18:58:00 |
  2. URL |
  3. りんご #-
  4. [ 編集]
初めまして。
親心と言うのは 子どもが幾つになっても、
心配なものなのでしょうね。
家族と笑いあえる その瞬間が 癒しとなるなら
それが一番の治療法なのかも知れないと、
我が息子 中2の鬱症状が出始めると思う次第でございます。
  1. 2008/07/18(金) 21:16:58 |
  2. URL |
  3. saruo #-
  4. [ 編集]
はじめまして
はじめましてkarenと申します。。。

私は、結婚後、色々ありまして
自傷や拒食等 不安定な状態が続き
7年前に、うつ病と診断されました。

最近、やっと落ち着き薬からも解放されました。
ここまで来るのには、ゆり返しや離脱症にも何度も苦しんで
行ったり来たりで何年もかかりました。
まだまだ、不安材料はあるから
戻ってしまう可能性もありますが。

良くなるまでの時間は果てしなく長いものでしたが
焦らず諦めなければ必ず良くなる!と思います。


それにしても・・・
周りの理解を得るのが本当に難しいですよね。
いまだに夫や親にもこの病は理解されていないようで
私は「怠け者」扱いですが
そんなときは「自分は自分!気にしない!」って事にしちゃいました。
心配はわかるけど、それが一番楽でしたからねe-263


何よりも、奥様の理解があるというのが心強いですねv-238


心のまま、自分らしく
のんびりいきましょうね!!


また、遊びに来てもよいですか?
  1. 2008/07/20(日) 19:07:36 |
  2. URL |
  3. karen #-
  4. [ 編集]
たくさんのコメントありがとうです。
のんびり更新のブログですが、また遊びに来てくださいね^^
  1. 2008/07/21(月) 05:10:52 |
  2. URL |
  3. おおてん #-
  4. [ 編集]
私は「うつ」や自傷行為の経験はありませんが,元職場の人が「うつ」になり,周りも始めは理解していましたが,段々と,仕事をいきなり休むことも,シフトを変わることも,当たり前な態度に変わっていき周りから怒りの声を吐き出され,結局止めざるえない状態にされてしまい,今は音信不通です。
生活があるので,働かなくてはいけないはずなのに辞めさせられてしまい心配です。
でも正直どこまでを病気として受け入れていいのか解らなかったです。無知な自分のために支えにもなってあげられなかった。
だから,あなたのブログを読んで理解を深めたいと思ってます。
こんな私ですが,不快でしたら正直にい言って下さい。
私も遊びにきてもいいですか?
  1. 2008/10/27(月) 17:29:45 |
  2. URL |
  3. サユリ #-
  4. [ 編集]
>サユリ様
いつでもお越しくださいませ^^
  1. 2008/11/03(月) 05:30:01 |
  2. URL |
  3. おおてん #-
  4. [ 編集]

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ooten.blog116.fc2.com/tb.php/17-a34dadaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<< 両親の思い2 | ホーム | コーヒーブレイク>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。