うつログ

うつによる休職を経て復職した男の覚書。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

休職
休職

おおてんは診断書を出してもらい休職しました。
休職できるかどうかはわからなかったのですが、会社にとって診断書っていうのは大きな影響があったようです。
今、思い出すと診断書を受け取った上司の表情はかなり滑稽でした。
この件が人事考課にどのような効果があったかわからないのですが、「部下のメンタルケアが出来ない」っていうことは上司としてはマイナスポイントであるようです。
さらに、診断書を出しても休ませないっていうのは公になったりしたら会社にとってもかなり体裁が悪い事のようです。

おおてんの会社は社員60名ほどの会社です。
おおてんの仕事はおおてんだけしか携わっていませんでした。
なので、まるっきり一人分の穴が空いた事になります。
それを、他部署の二人の同僚が埋めてくれました。
彼らの仕事が減ったわけではないのに、二人で一人分の仕事を余計にしたのです。

彼らは大変だったと思います。
でも おおてんには一言も文句を言いませんでした。

おおてんは心が狭いので、彼らと同じ境遇になったとしたら文句の一つや二つは言うと思います。
そして、うつの方を傷つけていたと思います。
でも、今はそういう対応はしないと思います。

(「うつ」になったことにより少し心が広くなったのでしょうか。)

休職することは勇気が要りました。
でも、休職しなかったら、おおてんの「うつ」はもっと酷くなっていたでしょう。
休職したからこそ、なんとか復職できました。

長い人生、たまには休む事も必要なのでしょう。


テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2008/09/09(火) |
  2. 休職
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント
うつ病で休職中の者です
うつ病にかかって1年。休職して9ヶ月が経過しました。
私も同僚も仕事がオーバーフローしまくっていて私が抜けたら他の同僚に迷惑が掛かってしまうのでは?と思っていましたが結局休職して正解だったと思いました。

あのまま働いていたら本当に取り返しの付かないことになっていたと思います。それに家族と長い時間を過ごすこともできました。心に少し余裕を持つことができたとおもいます。

おおてんさんのブログは私の境遇に似ているように感じましたのでまた遊びに来させてください。
  1. 2008/09/26(金) 22:11:42 |
  2. URL |
  3. ピンクのもわもわ #-
  4. [ 編集]

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ooten.blog116.fc2.com/tb.php/40-ab52f235
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<パキシル | ホーム | 希死念慮について>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。