うつログ

うつによる休職を経て復職した男の覚書。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

内観療法
現在、おおてんは薬物療法と併用して内観療法を受けています。

内観療法は身近な人(母・父等)に
1 してもらった事
2 して返した事
3 迷惑をかけたこと
を繰り返し思い出すことにより考え方を改善する事が狙いだそうです。

ひと月に2回ほど、1時間半かけて実施しています。
結構疲れます。

薬物療法と併用するようになってから二ヶ月ほど経ちました。
が、
おおてんは効果の程は良くわかりません^^
ただ、集中力は戻ってきたような気がします。

薬物療法と、内観療法の併用により、パキシルが2ヶ月分まとめて出るようになりました。

個人的な考えなのですが、
この内観療法ってのは万人向けではないと思います。
例えば身近な人との関係が深刻で深い溝があるような場合、
内観療法はマイナスじゃないでしょうか?

私の知り合いで、親御さんとの関係が凄く悪くて「うつ」を発症した方がいらっしゃるいます。
その方も「内観療法」を勧められたようなのですが、生育歴とかを良く調べて勧められたのかなぁ?
と思ってしまいました。

現在、効果の程はともかく、自分を見つめなおすという意味では、良い機会ではないかなと思います。



テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2008/09/16(火) |
  2. 内観療法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント
はじめまして。
はじめまして。内観の記事に関心を持って拝見いたしました。
私は先日栃木県にて7日間の集中内観を体験しました。
肉親との溝があったとしても内観はマイナスではありません。
私は身近な人のせいで神経症になり、身近な人のせいでうつを併発したと思い込んでいました。しかし集中内観でその考えが誤りであることに気づき、価値観が大転換しました。憎しみや恨みが消失したのです。
詳しくは記事に起こしてありますので私のブログにもご訪問頂ければ幸いです。

↓栃木の内観研修所についてはこちらをご覧ください。
http://www.naikanhou.com/
  1. 2008/09/16(火) 18:46:53 |
  2. URL |
  3. OurSong #-
  4. [ 編集]
>OurSong様
御訪問&コメントありがとうです。
内観療法についてなのですが、私の書き方が悪かったですかね?
どのような治療法にしろ100%成功するってものはないと「おおてん」は思っております。相性もありますし。
それに内観の「思い出す」という行為は「思い出したくないもの(辛いもの)」まで思い出し、かえって状態を悪くする可能性ってのは否定できないと思います。
ただ、「内観療法」は私にもOurSong様にも相性が良かったことはたしかですよね。
その「内観療法」が「うつ」の人間全員に有効というわけではないだろうと、また、私の知り合い(親御さんとの関係が悪くてうつを発症した方)にも有効なんだろうか? ということを言いたかったのです。
長文にて失礼します。
  1. 2008/09/18(木) 13:10:37 |
  2. URL |
  3. おおてん #-
  4. [ 編集]

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ooten.blog116.fc2.com/tb.php/42-9c3d1697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<太った | ホーム | パキシル>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。