うつログ

うつによる休職を経て復職した男の覚書。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

三浦和義さんの自殺
おおてんはうつを患ってから世の中の出来事にはとんと疎くなりました。
(もともとあまり関心がなかったたいぷかもしれませんが・・・。)


ただ、文字を追うだけならいいのですがあれこれ考えるのは
なんか疲れるんです。
(最近は大分疲れなくなってきました。)
多分自分の中で扱える情報が全盛期に比べて少なくなったんだと思います。


でも、この世の中何も考えずに生活するのは難しいです。
なので、リハビリを兼ねて一日一回はネットを開くようにしてます。


そんななか私の眼に飛び込んできたのが、
「三浦和義元社長自殺」
という文字。


おおてんは固まりました。
理由が分からなかったからです。


三浦和義さんはいわゆる「ロス疑惑」で一躍時の人(悪い意味で)となり、最高裁まで戦い抜いて無罪となった方です。


週刊誌のキャンペーンからはじまり、ロクな物証がないまま逮捕、起訴され、マスコミのフィーバーの中ほとんどの国民が(おおてんもそうでした)犯罪者扱いするなか、戦い抜いた方です。


長く苦しい戦いだったと思います。
それを戦い抜いた精神力は尋常じゃないと思います。
おおてんだったら諦めたでしょう。


自殺という選択肢はチョイスしない方だったはずです。

だけど・・・。

追い詰められていたのでしょうか?


マスコミとも戦った方なので、この件の報道はどこかよそよそしさを感じます。


たしかに三浦さんには疑わしい面があったでしょう。
だけどロクな物証はなかったのです。

「疑わしきは罰せず」
これは裁判の原則でしょう。

アメリカでの裁判も戦い抜いて無罪を勝ち取る。
三浦和義さんにはできたはずです。


だけど・・・。

今はご冥福をお祈りするより他ありません。

合掌・・・。











テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2008/10/13(月) |
  2. 世事への感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

コメント
とても良い記事だなぁ。。。(*uωu)
と心に響くモノがありました☆彡
言葉がとても素直にスゥっと入ってくる
心に、とても読み易いブログですね。
語り口調もとても好きです。(^v^)
今後も楽しみにしております!
  1. 2008/10/14(火) 17:51:38 |
  2. URL |
  3. RUBY♪ #-
  4. [ 編集]
こんな結末になるとは誰も予想していなかったでしょうね。私たちには解らない謎を残したまま、この世を去ってしまわれましたが、きっと前から考えていたわけではなく突然何かが頭の中をよぎって自殺という選択肢を選んだような気がします。
  1. 2008/10/14(火) 18:37:36 |
  2. URL |
  3. 夢りんご #-
  4. [ 編集]
ご訪問&コメントありがとうございます
RUBY♪様
こんなにほめられるとなんだか恥ずかしいです^^

夢りんご 様
彼が自殺を選択したことには「違和感」があります。「魔」がさした瞬間があったのでしょうか?
  1. 2008/10/15(水) 04:16:39 |
  2. URL |
  3. おおてん #-
  4. [ 編集]

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ooten.blog116.fc2.com/tb.php/49-fb8af167
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<ギーチーホアンカン | ホーム | パキシルと酒と>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。