うつログ

うつによる休職を経て復職した男の覚書。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

パキシルと眠気
パキシルとお酒は相性が悪いという事は学習したおおてんです。

でもお酒はやめられません^^



さて、眠気の話です。


本章でも話題にしたように、おおてんにとってパキシル最大の副作用は眠気です。


現在、仕事中は緊張しているためか重症の眠気は生じません。
軽い眠気ならいつも感じています。
仕事も何とかこなせるレベルの眠気です。
(復職当初はとにかく仕事中も眠かったです。大分軽くなりました。)


が、休日は気が抜けるせいか、昼寝してしまいます。
昼寝が必要な年頃の子供と一緒に布団をひいて寝てしまいます。
たっぷり2時間は寝てしまいます。


本当はメタボとかの問題があるので眠らないほうがいいのでしょう。
でも、耐えられません。


妻は「休みだからいいんじゃない?」と言ってくれます。
おおてんはその言葉に甘えています。


休日の眠気は「昼寝」という逃げ道があるのですが、仕事中の眠気は大変辛いです。
多分判断能力も落ちています。
反射速度も鈍っているでしょう。


なので、おおてんは、仕事中、車の運転はしません。
さいわい、あまり運転の必要ない部署なので何とかなっていますし、会社にも理解してもらっています。
パキシルを服用する限りは運転しないつもりです。
自分の能力ダウンが自覚できる以上、飲酒運転と同様に忌避すべき事だと思っています。
自分だけが傷つくならまだしも、他人も傷つける可能性があります。
そこまでの責任は・・・。


これが、外回りの営業だったらどうでしょうか?
多分、嫌でも運転しなきゃならないでしょう。


そういう意味ではおおてんは恵まれていると言えます。
この環境に感謝しています。
車の運転をしない事を会社に認めてもらって感謝してます。

人の命は尊いものです。
それを奪う可能性は極力避けたいのです。




テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2008/10/20(月) |
  2. パキシル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント
副作用
おおてんさま:はじめまして。おおてんさんは1ヶ月の休職だけで復帰できたので、良かったですね。私は就業規則で決められた6ヶ月をフルに使い、それでも寛解に至らず、未だに服薬治療を継続しています。現在パキシルは私の場合、寝る前に4錠飲むよう処方されています。もちろん、朝昼晩と別の抗うつ剤、抗不安剤を飲んでます。私も復職始めのうちは眠気が辛かったです。主治医に相談し、ある種の向精神薬を処方してもらってからは、昼間はまったく眠たくなくなり、仕事もはかどるようになりました。おおてんさんの奥様の仰るとおり、休みの日なんだから気になさらないでいいんじゃないでしょうか?
  1. 2008/10/20(月) 13:50:21 |
  2. URL |
  3. 大地の歌 #-
  4. [ 編集]
>大地の歌様
コメントありがとうございます。
そうですね。休みの日の昼寝は気にしないようにします^^
  1. 2008/10/21(火) 04:44:59 |
  2. URL |
  3. おおてん #-
  4. [ 編集]

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ooten.blog116.fc2.com/tb.php/51-84d6196a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<< | ホーム | ギーチーホアンカン>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。