うつログ

うつによる休職を経て復職した男の覚書。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

診断書2
先週久々のS先生の診察でした。

なんだか病院がやけに混んでいてエラク待たされました。
名前を呼ばれ、診察室に入るといつもどおりのS先生でした。

S先生  「おおてんさん、調子はどうですか?」

おおてん「変わらずです。」

S先生  「そーですか。」

おおてん「はい・・・。(このままではいつもの酒の量の問診になりそ・・・。診断書のことを切り出さなければ)」

おおてん「あの・・。」

S先生 「なんですか・」

おおてん「4月に異動しまして・・・。」

S先生 「そうですか・・・。どんな部署です?」

おおてん「えぇと(しまった話が進まん・・・。)これこれこういう部署で」

(長いので中略します)

S先生 「そうですか。あまり無理しないでね。」

おおてん「はい(無理しないですむ職場ってあるのかしら?)」

S先生 「ではお大事に」

おおてん「あの、診断書を出すように言われたんですけど。」

S先生 「診断書?」

おおてん「特に病気休暇をとっているわけでもないから必要ないと思うんですけど・・。」

S先生 「そうですよね・・・。」

おおてん「ちょっと自分でも腑に落ちてないんですけど、診断書出して仕事楽になるならそれもいいかなって・・・。」

S先生 「二か月に一度通院中ぐらいしか書けないですけど、テキトーに書いておきましょうか?」

おおてん「お願いします」

S先生 「では書いておきますので受付でもらってください。お大事に」

おおてん「ありがとうございます」

というわけで、診断書出してもらいました。
中身は見てません。
封筒に封がしてあったのです。
自分の診断書だから開けてみても問題ないのですが、なんとなく開けられませんでした。

テキトーに書いてもらった診断書。
どんなふうに書いてあるのでしょうか?
疑問はつきませんが、そのまま診断書は会社に提出しました。

特にリアクションは感じませんでした

はてさて、これからどうなっていくことやら?


テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2009/04/22(水) |
  2. うつ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント
ゆったりと。
なにかこう、流れが痛快な方へ方へ...。

ハードワークに、もし、僅かにでも、
ゆとりなんてできちゃうようですと、
してやったり(^ ^)!
  1. 2009/04/22(水) 17:51:09 |
  2. URL |
  3. ys_tate #-
  4. [ 編集]

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ooten.blog116.fc2.com/tb.php/73-5e7c4338
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<ストレス | ホーム | 診断書>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。