うつログ

うつによる休職を経て復職した男の覚書。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

決意
決意

病院に行こうと決めた「おおてん」でしたが、何科にかかるべきなのか悩みました。
素人考えで症状から言うと、「精神科」か「脳外科」のどちらかかなぁ?
などと思いました。

脳外科は3年ほど前にかかったことがあり、その際にCTでも脳を検査してみたのですが何も異常がありませんでした。
なので「精神科」かなぁ? と思ったのですが少し抵抗がありました。
(やはり、「精神科」っていうのはどうしても抵抗がありますよね。)

そこで、ネットで色々調べてみると、自分の症状はどうも「うつ」らしいと感じました。
うつ」でググッてみると、うつかどうかの簡易診断が出来るサイトが有りました。(すいません。サイト名等は覚えていません^^)
そこでテストを受けてみると
 「うつの疑いがかなり強いです。直ちに医師に相談し薬物療法を受けてみる事をおススメします」
という結果でした。
この結果には苦笑しました^^

妻も苦笑していました。

なので、精神科受診する事にしました。

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

  1. 2008/06/30(月) |
  2. 9 決意
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

コメント
おおてんさん、はじめまして。
うつ病は大変ですね。うつになった人しかわからないっていいますし。少しずつ回復していってくださいね!応援しています!!
  1. 2008/06/30(月) 14:22:19 |
  2. URL |
  3. イサオ #-
  4. [ 編集]
おおてんさん、初めまして。

ほんとに、壁がありますよね。
私も壁があって体力無くなって動けなくなるまでいけませんでした。その決意、すごい事だと思います。

奥さんも、苦笑してくださる方で良かったですね。

また遊びに来ます。応援してます☆
  1. 2008/07/01(火) 10:48:14 |
  2. URL |
  3. Little #-
  4. [ 編集]
自分も今年の2月から心療内科にお世話になっています。
行く前は、結構迷ったけど絶対「行ってよかった」と思いました。

応援してます
  1. 2008/07/02(水) 01:36:17 |
  2. URL |
  3. さん #-
  4. [ 編集]
みなさまありがとうです。
コメントいただくのは励みになります。
本当にありがとう^^
  1. 2008/07/02(水) 12:53:28 |
  2. URL |
  3. おおてん #-
  4. [ 編集]
おおてん様 はじめまして

私も うつかも 

数年前まで会社でちょっとでも
やなことがあるとすぐにこんな会社辞めてやると思い
次に 会社辞めて就職出来なかったら 死んでやる
と思い限りなく自殺を考えるようになりました。
ひどい時は一日に何回も
でも自殺て痛いし苦しいだろうなと考え
ネットで自殺サイト調べるとけっこういろいろ
死に方あったりして 死ぬのはすぐ死ねる

次に考えたことはこの人生でやり残したことは
やりたい事は無かったか と考え
今はパソコンで絵を描き始めたところです

少し 自殺を考える事がすくなくなったかな

ちょっとでもやな事があったら絵を描く事に
集中してまぎらわす事にしました
考えを転化しています

その代償は会社では係長から平社員に降格
適当な理由を付けて願い出ました
今は肉体労働派で定時に退社出来る
家庭内はまだ何も話していません
家族の会話が少ない
ほとんど親の役目をはたしていない
変なオッサン状態(家庭内ホームレス)


  1. 2008/10/02(木) 03:04:10 |
  2. URL |
  3. 草方ラ月 #-
  4. [ 編集]
草方ラ月様
御訪問&コメントありがとうございます。
遊びに行きましたが、ステキなブログですね。
そうそう
気になるのなら早めの受診をおススメします。
風邪と同じでこじらせると長引くそうですから^^
  1. 2008/10/06(月) 12:43:51 |
  2. URL |
  3. おおてん #-
  4. [ 編集]

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://ooten.blog116.fc2.com/tb.php/9-455b7bfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<精神科デビュー1 | ホーム | 暗転>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。